スロット勝率アップ(すろぬこ)設定と癖- 目次 -

よかったらランキングの方、応援よろしくお願いします。なかなか見て頂いている方の意思というのは分かり辛いもので、普段はあまり実感が沸かないんですけど、ランキングが上がれば、こんなに見てくれているんだ。もっと更新頑張らなきゃ。なんて気持ちになります。

にほんブログ村 スロットブログへ

質問や疑問があればお気軽にコメント欄に下さい。短文で説明しづらいのは記事にして回答しようと思っています。なお、メールなどを使った直接的なやり取りはお断りさせて頂いております。予めご了承ください。

2010年10月16日 このエントリーをはてなブックマークに追加

ガセ札の見分け方

たまに設定発表を行っているスロット店で閉店1,2時間前に

高設定の発表札が刺さっているのに、誰も座っていない台があります。

ARTならまだしも、ノーマルタイプの台でもそうゆうお店ありますよね。

いわゆるガセ札だとみんなに思われているという事です。

ただ、誰も座って居ないという事はガセ札である可能性は高いのですが

ガセではない可能性も0ではないと思います。

仮にガセじゃなかったとしたら、かなり美味しい状況になります。

では、どうやってガセかガセではないのかを判断するのか

判断方法は、ボーナス確率に差がある台に関しては

発表台の全ての台の回転数とBB,BR確率を

あまり回っていない札台でも常にチェックしていきます。

1万、5万、10万回転となった時にある程度正確な

判断出来る数値になると思います。面倒でしょうが、

やってみる価値はあると思います。

またボーナス確率だけじゃなく、実際に座ってみて

小役をカウントしたりしてみるのも良いでしょう。

閉店前の1時間しか回せなくて700回転ぐらいの

サンプルしか取れなくても、それが10日ぶんになると

7000回転のサンプルになります。

ほぼ1日回した数値ですね。

その二つのデータを取ってみることで

本物だったりする可能性があるかもしれません。

4号機の昔はガセ札ばかりだったのに、5号機主体になってから

ガセっぽくなくなった店って結構あります。

ただ、お店側は今日からガセ札じゃなくて、本物の札にします!

なんていわないですからね。じわじわと時間を掛けて

印象を変えていくのです。その最初の頃を発見できたら

かなり台を取る競争力がなくて美味しいですからね。

逆にこの店は本物の札をさすって思われてる店も

集計を取ってみると、だんだん疑わしくなってる。

みたいなケースもあると思います。

今回はガセ札というテーマで書きましたが、私がスロットで勝ち続けたのは

サクラや打ち子がいるという店で、サクラだと思わなかった。検証を続けた

その結果、単純な法則で高設定が投入されている。

つまりは100%の法則主義の設定の投入をしているだけだという事がわかり

高確率で朝からツモれるきっかけになりました。

今でもそのお店の事をサクラがいるお店だと思ってる人もいますし。

それが常連が誰かぐらいは知ってるぐらいお店に通ってる人の認識でしょう。

世論というのは結構、ネガティブな事が事実と捉えられやすくなったり

色々といい加減な場合もあるので、それを見つめ直すのは

思わぬ美味しい思いをするって可能性があるって事ですね。

スポンサードリンク
posted by すろぬこ管理人 at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | スロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165949300
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。