スロット勝率アップ(すろぬこ)設定と癖- 目次 -

よかったらランキングの方、応援よろしくお願いします。なかなか見て頂いている方の意思というのは分かり辛いもので、普段はあまり実感が沸かないんですけど、ランキングが上がれば、こんなに見てくれているんだ。もっと更新頑張らなきゃ。なんて気持ちになります。

にほんブログ村 スロットブログへ

質問や疑問があればお気軽にコメント欄に下さい。短文で説明しづらいのは記事にして回答しようと思っています。なお、メールなどを使った直接的なやり取りはお断りさせて頂いております。予めご了承ください。

2010年10月24日 このエントリーをはてなブックマークに追加

癖は本当にあるのか?その1

色々とブログ巡りをしていたら、癖がなんてない!

みたいなブログがありました。

別に、このブログに対して直接批判されてる訳ではないですが

主張的には私が書いてる物とは逆なので、反論という意味で

なぜ癖があるかについて何回かに分けて

その理由について書きたいと思います。

なぜ何回かに分けて書くかというと、1回で書くと

文章力がないので、まとめる能力が低いから

長くなりすぎてしまうという事もありますが

単純にネタ不足ですw

大体の癖がないと書いてるサイト

そもそも癖がないって書いてる大きめの規模のサイトは

ホルコン攻略であったり、攻略法を買わせる事を誘導する

目的で作られてたりするので、本音よりも商売目的って感じで

信念がない場合が多いので、突っ込むのも馬鹿らしいんですけどね。

ただ、癖を見抜いてスロットで生活してきた身としては

なぜ、わかりやすい場所に高設定を入れてくれるのかについて

考えた末に結論が出たので、理由について書きたいと思います。

別に店長経験があったりする訳じゃないので、これは憶測に過ぎないんですけどね。

なぜ高設定をホールは入れるのか

その前になぜホールは高設定を置くのでしょうか?

もし、パチスロ人気があって、日本全国に数店しかパチンコ屋さんが

ない状態で、空台が出たらすぐに座る人が居る、常に満員状態だったりしたら

全台設定1にするでしょう。

商売でやってるんですから、利益を高くしたいと思うのが普通ですからね。

ただ、現状は駅前を中心にどこにいってもパチンコ屋さんはあり、

お客さんの数は限られていて、その中で奪い合いをしています。

他店と差をつける。お客さんに来てもらう手段として高設定を

置いているんだと思います。

大半の来てくれる人は、今日は勝ちたいだとか

勝利を願ってきてる訳ですからね。

今日はいくら負けるか楽しみ!みたいな人は本当に少数でしょう

じゃあ実際に高設定を入れたら、お客さんが来てくれるのか…

実際はそうではないと思います。

これはいくらホールがメール等で今日は設定6入れてましたよ。

残念ながら、空台になってましたよ!とかって言っても

信頼する人って少数だと思います。なぜなら

パチンコ屋さんは信頼がない

パチンコ屋さんは信頼がないんですよね。

今は多少マシなホールが増えましたが、昔なんて酷いものでした

ほとんどの台に設定456確定だとか!設定6確定台みたいな札が

刺さりまくってましたからね。ガセ札が当たり前の時代だったので

信頼がないのは、ある意味、自業自得なんですけどね。

高設定を入れてる事を信用してもらうには

じゃあ高設定を入れている事を信用してもらうには

どうすれば良いのかというと、高設定を入れて、なおかつ

たくさん出してる風景を見せないと信頼してもらえません。

大半のお客さんはたくさん出てる台を見て初めて、

高設定が入ってるという事を信じる訳です。

じゃあ高設定に座るのは誰でも良いのか、

誰でも高設定に座ればたくさん出せるのかというと

違うと思います。

高設定で出せる人は限られてる!?

案外、高設定で出せる人は決まっているんじゃないかなと思います。

なぜ、同じ高設定なのに出せる人は決まっているのか。

そう思ってしまった、きっかけの一つの出来事があります。

その出来事とは…明日書きたいと思います。


スポンサードリンク
posted by すろぬこ管理人 at 23:05 | Comment(9) | TrackBack(0) | スロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
癖あるわな――
当たり前だわ
お前さんはしょっちゅう〇〇〇ばっかしてるやろ
ホールで噂になってるで
〇〇さんがお前に〇〇〇すと言ってわ
アカンで
〇〇さんに謝り
ほんま〇〇まうで
Posted by at 2010年10月25日 06:44
>>名無しさん

この穴埋めは寝起きだと難しいな。わからん

書き込みありがとです〜(´▽`)
Posted by すろぬこ管理人 at 2010年10月25日 08:32
初めまして、ぽるさんのリンクから飛んできました。
ブログは全部読みました。
自分の目標である店の癖を読んで高設定をピンポイントでツモるという立ち回りを実践していて驚きました。

自分はどちらかというと店に癖は無い派です。
自分が店長なら絶対に読まれないように設定を入れるからです。
意図的に法則を作ったら、それを読んで高設定に座るのはプロの方だからプロに勝ちやすくしてしまいます。
プロにお金を与えてもプロはお金を落としていく客ではないので意味がないと思うのです。
それよりは一般の客に高設定を打たせれば良い思いもするし、そこで得たお金もすぐに使ってくれるから、店としては一般客に高設定を打って欲しいんじゃないかと思ってました。

今日の記事を見て、そういう考え方もあるのかと思いました。
明日の記事も楽しみにしてます。

あと質問なんですが、すろぬこさんは店が意図的に法則を使っている店かどうかはどの位のスパンで見極めるんでしょうか?
1ヶ月データを取り続けてみて、法則が無さそうならダメとかあったら教えてください。
Posted by カゴノトリ at 2010年10月25日 08:53
高設定で出せる人は決まっている!?

高設定なんて座ってしまえば人なんて関係ない気はするんですが・・

意味深で気になりますな・・
Posted by かず at 2010年10月25日 09:08
>>カゴノトリさん
確かに平等にチャンスはあるべきなのですが、実態は違うようです。
色々とホールを回りましたがプロというか常連が明らかにツモりやすくしてる店はかなりあります。

なぜ、プロにツモりやすくしてるかは自分なりの意見を今日上げたいと思います。もちろん店長の意見を聞いた訳ではないので間違ってる可能性もありますが。

あと質問の方ですが、まずは闇雲に癖をある店を探しても毎晩データ取らないといけないし、それなりに1店舗辺りデータ取るのって時間が掛かるので、対象のお店を絞ります。絞り方は主にブン回しがありえない店(設定が見抜きづらい機種でブン回されてる比率が高い)または特定の常連がツモりまくってる。

詳しくは【総回転数から憶測できる事】で書いたような店ですね。

あとは視察をしながらですね。癖が読みやすくても、あまりにも競争率が高かったり、常連が必ず良い番号で入場出来るように抽選要員を雇っていて、抽選入場の段階から可能性が低いなら諦めます。

そういった状況を見ながら、自分にとって美味しい状況なら、データを取り続けますし、厳しそうならやめます。

走り書きですが、こんな感じでしょうか。またなにかあればコメント下さいね(´▽`)
Posted by すろぬこ管理人 at 2010年10月25日 09:33
>>かずさん

ご期待に答えられる理由になるかはわかりませんが、自分なりの結論を夜にでも書かせて頂きますね。書き込みありがとです(´▽`)
Posted by すろぬこ管理人 at 2010年10月25日 09:39
楽しみにしてます(^O^)

高設定に座ったら出せる裏技でもあるのか!?って興味でる内容ですw

後、活用できるサイトで管理人さんは、
データロボ7上げられてないですが、

あのサイトがあれば閉店時のチェックしなくてデータ集められて便利だと思うんですが管理人さんは活用されてないんですか?
Posted by かず at 2010年10月25日 14:27
楽しみにしてます(^O^)

所で活用できるサイトでデータロボ7が上げられてないですが、
あのサイトがあれば閉店時にチェックしなくてもデータ集められて、便利だと思うんですが、管理人さんは活用されてないんですか?
Posted by かず at 2010年10月25日 14:32
>>かずさんへ

あっ裏技とかって内容になる予定じゃないですよ(^o^;)

あとデータロボって525円払ってスランプデータが
見れるサイトですよね?確かに便利で登録をしてたりもするんですが
有料である事と一部店舗のデータしか見れないので
書いてません。ただ、データロボで見れるホールに
通う人にとってはオススメですよ(´▽`)
Posted by すろぬこ管理人 at 2010年10月25日 14:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167010087
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。